女性

夏場暑く冬に暖かい部屋

私は二年ほど前までマンションに住んでいて、その後今現在住んでいる一戸建てへと引っ越してきました。この一戸建ては全ての部屋に大きめの窓が付いており、室内は明るくて気に入っているのですが、二階に三つ並んでいる真ん中の部屋が夏になるととにかく暑いのが難点です。一戸建てで周囲に家が密集しているわけではないため、夏でも涼しい風が入ってくるだろうなと思っていたのですが、この真ん中の部屋だけは以前住んでいたマンションよりも暑いくらいです。 私のイメージとしては一戸建てのほうが家が密集していない分涼しいだろうと何となく思っていたのですが、それは間違いだったようです。屋根や壁に直接陽の光が当たる分、マンションよりも室内の温度は高くなるようです。そのため夏場はいくら冷房があるとはいえ、二階の真ん中の部屋にはあまり入りたくないななんて思います。 ただその代わり冬場は逆にものすごく暖かくて、暖房も要らないくらいです。この二階の真ん中の部屋の窓と扉を閉めてしまうと、冬でも本当に暖かいため、その部屋にいる限りは暖房の電気代が安くなるのではないかと思います。 そういったことで夏場は暑い代わりに冬は暖かいため、良いのか悪いのか、なかなか上手くいかないものだと感じます。

住まいに設置する防犯カメラについて

住まいに設置する防犯カメラについて

自分が住んでいる住まいの防犯対策としては防犯カメラがありますけど、ただ設置するだけではなくて出来る限り高性能の防犯カメラを設置する必要があります。 カメラによっては画質が悪かったりして、実際に不…

地元密着型の不動産屋

地元密着型の不動産屋

仕事の為初めて実家を出て一人暮らしを始めた時は不安でいっぱいでした。職場の近くでアパートを借りることになりましたが、たまたま駅前にあった古びた不動産屋の店頭に良さそうな物件が展示されていたので思…

マンションの保証人探しに難航した昔話

生活に困っている場合住まいを探すのも骨の折れる作業です。 不動産屋を何軒も回っても見つからないというのも目にするパターンだと思います。 10年以上前の実体験になりますが私は生活に困っていました。 家賃を払うのでさえ苦労していたぐらいで滞納の度々ありました。 大家さんが人情に厚い方だったので伸ばしてくれたりと迷惑もかけて申し訳なかったです。 当時は保証人になってもらったのは年老いた両親でした。 家賃の滞納をこれ以上続けてはと必死になって収入を多く稼げるようにとなったのです。 生活が安定してくるとグレードの高い住まいへと引っ越しをするようになりました。 子供と主人を連れての引っ越しは並大抵の労力ではありませんでしたがそれ以上に喜びも感じられたのです。 引っ越しをすると知り合いができたり新しい場所を知れるわけなので住んでる人なりのメリットではないでしょうか。 今引っ越しをするのは昔に比べれば簡単になりました。 保証人がいなくても保証会社というものも存在するのでいざという時には頼ってみてもいいでしょう。 まだ両親も健在でずがいつまで元気かはわかりません。 その頃には子どもたちも大きくなっていてきっと就職をしていると思うので保証人探しも安泰なのでした。
健康な高齢者から要介護の人までの受け入れ可能な人気の老人ホーム西宮は専用居室を重視した安心の住まいで、こころのこもった介護を提供します!